読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

buttoblog

ぶっとびの活動場所。ゲーム音楽とか作曲とかバイオリンとか日常とか。

「ゲーム音楽好き」はゲーム好きなのか音楽好きなのか

f:id:buttobimusic:20160916225356p:plain

こないだツイッターでこんなツイートが回ってきました。

それを読んで私はまたツイッターで語ってしまったので、それを軸にブログにまとめてみました。
今回はちゃんと補足多いよ!
そしてまた自分のツイートにリプする形式で呟いたから灰色のとこは無視して読んでね!

 

ゲームが好きか?音楽が好きか?

完全に印象の話なんだけど、やっぱり一般的な「ゲーム音楽好き」ってゲーム>音楽の傾向が強い気がします。
ゲームプレイが根底にあって、プレイしたゲームのサントラを聴く。

こないだゲーム業界の人たちと飲み会した時も「ぶっとびさんはやったことないゲームの曲聞いて泣けるのかーそれってすごいな」みたいなこと言われたんですよね。
その会では「やっぱりゲームあってこその音楽でしょう」という流れだったので、まぁそうだよなという。

でも違う日に音楽好きで飲み会したとき、ゲーム全然やらない人にその話したら「音楽だけでも感動するけどなぁ」と言ってたので、やっぱりそこはゲーム好きと音楽好きの差なのかなと思ったんですよね。

それはどっちがいいとか悪いとかの話じゃなくて。
つまりゲーム好きと音楽好きがあんまり被ってないのかなという。

もし今、ゲーム音楽好きの大多数が「ゲーム>音楽」なんだとしたら、「音楽>ゲーム」の人が同じくらいいた方がいいよなーなんてことを思ったわけです。

 

追体験以外も楽しんでほしい

音楽について話すのって難しいんですよね。
ゲームの話しかしてなかったからってコンサートを楽しんでなかったのかと言われると、(たぶん)そんなことはないわけで。
でも「あの曲よかったよねー」だけでもいいから、そういう話が客席から聞こえると嬉しくなるんですよ。

普通のコンサートを楽しむようにゲーム音楽のコンサートも楽しんでほしい。それだけなんですけどね。
追体験にばかり焦点が当たってるとちょっとなぁと思ってしまうのが正直なところです。
追体験もいいよ。でもそれだけなのはもったいなくない?だったらサントラでよくない?

 

という、ゲームも音楽も同じくらい好きな私にはいろいろと思うところがあるのでした。

広告を非表示にする