読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

buttoblog

ぶっとびの活動場所。ゲーム音楽とか作曲とかバイオリンとか日常とか。

「演奏者の影がチラつくゲーム音楽」という不思議な感覚

ゲーム音楽 Twitterログ

f:id:buttobimusic:20170320214036p:plain

昨日初めてPS4を触って初めてFF15で遊んでみました!

FF15は最近よくサントラを聞いてます。
実際ゲームで聞くとどういう感じなのかなーと気になってたのですが、昨日ちょっと面白い感覚があったのでそれを忘れないうちにツイッターにつぶやきました。以下その呟きまとめです。

今のところ特に補足もないのでツイート集めただけになってます。

 

※いつもはツイッターのつぶやきそのまま載せてたんだけど、今回最初のツイート以外は文章のコピペでいきたいと思います。どっちが見やすいか実験!

 

 以下続きのツイートのコピペ。

で、私はゲーム音楽って他の音楽ジャンルより想像の余地があるところが楽しいと思ってて。ほんと感覚的なことだから上手く言えなくて歯がゆいんだけど、クラシックともアニメ映画ドラマのBGMともまた違う、なんか別の領域の想像力を掻き立てられるというか…すごいいろんな妄想ができて楽しいのよ→

この「想像の余地」がFF15にはあんまり無かったのよ。 演奏者の「生演奏感」がリアルすぎて、演奏してる人の影がその余地に入ってきてしまったというか。
で、これがゲーム内で聞いたらどうなるんだろうって今日地味に気にしてたんだけど、意外なことに思ったより違和感は無かったんだなぁ。→

ただ、それでもやっぱゲームしてても「演奏者の影」を感じるところはあった。戦闘曲のピアノ、穏やかなギター、チョコボのフルートとフィドル。後の二つはサントラでも特に気になったとこ。思ったほどの違和感は無くてゲームと合ってるとも思ったけどでもゲーム内で聞いても生演奏感は強いなと思った→

同じく今日初めてやったニーアオートマタ。こっちもなんなら生演奏だし歌ってる人の声は入ってるししかも映像もめっちゃ綺麗でハードもPS4、とFF15とあんまり変わらない環境なのに、こっちは全然演奏者の影がない。従来のサントラに感じる想像の余地もある。そーいやニーア前作もそうだった。→

人の声(歌)なんて最も生演奏感あって演奏者の影感じまくりなはずなのにね…なんなら私演奏者の姿も知ってるしね…。この差はなんだろう…。
てなことを思ったわけです。たぶん誰にも同意してもらえないと思うけど忘れたくないから書いた!自分的にすごく面白い感覚なんですよね!連投失礼しました!

この話はもう少し深く掘り下げたいんだけど、いかんせん私の感覚を言葉に当てはめるのが難しくて、なかなか先に進みません。

もうちょっとなんとかなりそうだったら編集・追記しますー。

とりあえずの忘備録として更新!

広告を非表示にする