buttoblog

ぶっとびの活動場所。ゲーム音楽とか作曲とかバイオリンとか日常とか。

ゲーム音楽セッションの実態

f:id:buttobimusic:20170712104318j:image

ゲーム音楽セッションはいいぞ。
いきなりどこかの楽団に所属するより断然気楽に演奏できる。

ゲーム音楽弾きたいなぁ…どっかの楽団に入るのがいいのかしら…」

そんなフォロワーさんのツイートを見て「セッションという手もありますよー!」とリプを送ったのが今年の頭。
そのときふと「そういえばゲーム音楽セッションってもしかして認知度そんな高くない…?」と思い、これは由々しき事態だと思ったわけです。
認知度もだけど、どんなことしてるのかってあんまり公開されてない…よね?

というわけで、1年半ほど前に初参加・怒涛の勢いでハマってしまい現在セッション漬けな私が、ゲーム音楽セッションについてざっくりまとめてみました

ここに書いてあることがすべてではないですしあくまで私の周りの話なので他のやり方もあると思います。
でも一つの目安にはなるかなと思うので、「セッションてどんなことしてるんだろう」という方のお役に立てれば!

 

 

ゲーム音楽セッションとはなんぞや?

ゲーム音楽セッションとはそのものズバリ

楽器を弾ける人たちが集まって好きなゲーム音楽を弾き倒す遊び

のことです。
(弾けない方でも集まってたりします)

たぶん一番近いのはカラオケだと思います。
上手い下手関係なしに集まってみんなで3時間歌う。
あれが歌じゃなくて楽器になって、ポップスじゃなくてゲーム音楽になっただけです。

 

どんな場所でやってるの?

スタジオが多いです。おそらくリハーサルスタジオと呼ばれるところ(だと思う)。
それか公民館の音楽室みたいなところ。
公園とか青空の下でやる会もあります。

スタジオは「雑居ビルです」って感じのところから小綺麗なところまで様々。
私がよく利用しているスタジオノアさんはどこも綺麗で快適です。建物、お部屋、お手洗いなどどこも綺麗。女性におすすめ。

スタジオには譜面台やマイクスタンド、ミキサーなどが常駐されてます。
他にもアコースティックピアノがあったりドラムがあったり。お部屋やスタジオによります。

スタジオの機材を借りることもできます。ちょっと良いマイクやキーボードなど。追加料金がかかる場合とかからない場合とあります。

お部屋の大きさもコンパクトな3帖から35帖以上と様々。サブルーム(控え室のようなところ)がついてる場合もある。
人数と用途によって使い分けましょう。 

 

おいくらくらいかかるの?やる曲は?人数は?

金額は場所代(+借りる楽器代)のみなのでそんな高くはなりません。
人数と時間にもよりますが、スタジオだったら3時間1500〜2500円くらいかな。公民館だともっとお安い。

演奏する曲もメンバーによって様々。
FFやDQのような有名なRPGから格ゲー、ネトゲなど、可能性は無限大です。
メンバーさえ集まればなんでも演奏できます。ドマイナーなゲームの曲も弾けます。(私はあるゲームのアレンジCDのセッションとかいうドマイナーなことやりました。最高でした)

事前にやりたい曲出し合って、余裕があったら各々ちょっとさらってくることが多いかな?
でも事前情報無しに突発的に始まる場合も多々あります。むしろこっちが真骨頂かもしれない。セッションだし!

人数はもう2人から無制限ですよ!2人でも立派なセッション!13人くらい集まってもなんとかなるものです。

男女比も様々ですね。
まーでも男性が多い印象があります不思議と。平均7:3くらい?
ゲーム音楽の男女比がそもそもそんななのかもしれませんが、ようはメンバーによります。


大体セッション後は打ち上げがあります。
セッション中は意外とあんまりしゃべらないのでメインの交流は打ち上げで。
というのも基本弾くだけで盛り上がるからわりと喋る時間ありません。笑
でも不思議と一緒に演奏した後はお話も盛り上がるもの。音楽の力を感じますね。
交流面倒な方は打ち上げ不参加でも全然問題ないと思いますよ!

 

演奏技術は?下手だと参加しづらい…

上手い人しかいないんじゃないか…
自分のレベルじゃ迷惑なんじゃないか…
自分みたいな下手な人が弾いてたらみんなつまんないんじゃないか…

ハッキリ言いましょう。
誰もそんなこと気にしてません

セッションは上手い下手じゃないです。弾きたいかどうかだけです。
なので「ほんとは弾きたいけど私下手だから参加できないや…」ってのは愚の骨頂!
弾きたいの?ならやろう!これだけでオールオーケーです。

なんなら曲うろ覚えでめっちゃ間違えながら弾くこともあります。臨時記号落としたりもします。
でも誰も気にしません。みんながうろ覚えでグダグダになってあははって笑ったりすることだってあります。

上手い下手は二の次ですよ。


それでも本人がどうしても気になるなら、事前に数曲だけでも練習しておくといいかもですね。周りが気にしなくても自分が気になっちゃったら楽しめないもんね。

上手い人もいます。そしたらその人にリードして貰えばいいだけなんです。

演奏レベル関係なくみんなで楽しく演奏する。セッションとはそういう優しい場です。

 

メンバーはどうやって集まってるの?

私の場合ツイッターで呼びかけて集めることが多いです。
演奏者の友達は演奏者であることも多く、「この曲やるならこのパート欲しいなー」ってときは集まった人の友達に声かけてもらったりとか。

定期的にイベント開催してるところもあります。
mixiのコミュニティもあるし、ゲー音部さんとかもそういう感じだと思います。(気になる方は検索してみてください)
探せば意外とあるようです。

 

楽器弾けないけど聞いてみたい…!

セッションによっては見学枠がある場合もあります。

私個人としてはゲーム音楽好きはみんな仲間ですし、特にマイナーなゲームの場合は演奏されるだけでも希少だと思うので、希望者さんがいたら見学OKにしたいと思ってます。
実際見学OKのセッションを主催したこともありますが、演奏側も見学者さんもみんな楽しく過ごせたと思ってます。

見学者を受け付けない場合もあるので、何事も主催さんに聞いてみるのが一番確実ですね。

 

あとがき

さて全体的にこんな感じでしょうか。

もし何か気になることがあればコメントかツイッターで聞いてください。私でよければお答えします。

それか、ぜひ一緒にセッションしましょう!笑
セッションは気軽にやってOKなんだぜ!

 

この記事でセッション参加のハードルを少しでも下げられれば幸いです。

 

広告を非表示にする