『Collar×Malice(カラーマリス)』クリア感想【ネタバレなし】

f:id:buttobimusic:20171208124010j:plain

結構前ですがPS VITA用乙女ゲームCollar×Malice(カラーマリス)』をクリアしました!

遊び始めたら夢中になっちゃって、今確認したら2ヶ月ほどでクリアしてたようです。
フルコンスチルも無事ゲット!

というわけでクリアからちょっと間があいちゃいましたが、ネタバレなしの感想を書こうと思います。 

 

f:id:buttobimusic:20171208124834j:plain

 

軽く全体の感想とクリア順

テキスト読む系の乙女ゲー。共通ルートからキャラ別ルートに入ってく感じです。
そこに少しの選択肢と、タイミングよくボタン押せ!みたいなちょっとしたゲーム要素が加わった感じ。
個人的には選択肢は多い方が好きなのですが、まぁこんなもんだよねー。
乙女ゲーでたまにある正直怠いミニゲームがなかったのは助かりましたw

基本的に攻略は見ずにプレイ。選択肢はそんなに多くない気がします。
でも一応選択肢の前にセーブして戻れるようにはしてました。共通ルートの最後のデータと、キャラ別に6、7個くらい作ったかな?でもそんなにいらなかったと思う。
普通にただのバッドエンド見たりもしたのですが、既読スキップもクイックセーブもチャプター選択もあるし、やり直しはそこまで苦じゃなかったです。ロード速いしね!

それ以外にもシステム面での不便さは特に感じませんでした。
用語辞典とか事件ファイルとか久しぶりにプレイするときめっちゃ便利だと思う。

インターフェースもデザインも綺麗で見やすくてとても良い!細部まで凝ってるのに邪魔じゃない!細かいところまでこだわりを感じました。クリア後のおまけ選択画面とか特に!あれは楽しい!

 

クリア順は榎本→岡崎→笹塚→白石→柳。

普通にプレイしてたら峰雄ルートに入ったのでそのままプレイ。その後はやりたいキャラのルートに入るためにちらっと攻略見たり。
各キャラのバッドはその都度見たり全員クリアしてから回収しに行ったりして、無事フルコンしました。

ちなみに白石さんは誰かを一度クリアしないと攻略できなくて、柳さんは最後固定です。
攻略順は特にどの順番でもいいと思うけど、強いて言うなら白石→柳は続けての方がストーリーが把握しやすいかも?

 

BGMに最適な音楽 

音楽とてもよかったです!

サスペンス系から恋愛まで、どれも素敵にゲームを彩ってくれました。
特にこれが好きっていうのはなかったけど、BGMとしてプレイヤーを邪魔せずしっかりと雰囲気を作ってくれてました。

オケじゃなくてバンドよりのサウンドですね。ベースとドラムとキーボードと、みたいな。
適度にオシャレでカッコイイです。ゲームの雰囲気ぴったり。

個人的にはテーマソングとかエンディングとかのボーカル曲が昔のキャラソンみたいでちょっと気になりましたがw、でもなぜか嫌いになれないw

f:id:buttobimusic:20171208124858j:plain

メインストーリー良かったけど

ストーリーは、メインストーリーと各キャラのエピソードまとめてそこそこ〜良いの間って感じかなぁ。

メインストーリー悪くなかったです。適度に先が気になり適度にハラハラドキドキしました。
でもやっぱりもう一声!って感じは拭えないかな!

まず設定にちょっと無理あるかなと思ったけど、これは「そういうものなんだ」と思えばそこまで気にならない程度かとは思います。乙女ゲーだしね。
推理できる程度の謎もあり、そういうところに目立った破綻はなかったと思います。
プレイヤーに推理を促すシーンもあって、そこで選択肢を選ぶ緊張感も楽しかった。

でも全体的に動機付けが弱いかなって印象でした。
どの人物も「なぜその行動をとるのか」ってところがちょっと薄いかも。一応それぞれ理由を描いてくれてはいるんですけど、そこがどうしても設定としてしか入ってこないというか。あんまりこう、心にまで訴えかけてこない。

まぁそのへんは乙女ゲーだしこんなもんかなーって感じですね。
でも悪かったわけではないですよ!!

 

キャラのエピソードでいうなら、私は笹塚さんルート白石さんルートが一番好きでした。

特に笹塚さんは、話も心理描写も一番スムーズだったかと思います。自然だし、たぶん一番よくできてる。
岡崎さんと白石さんは、話自体はいいんだけど、心理描写をもうちょっと掘り下げてほしかった…!すごく大事なシーンでの説得力がもう一声…!!

 

各キャラについて 

というわけで笹塚さんとても良かったですマジで。
主人公との距離の縮まり方もとてもスムーズ。
最初冷たい態度とってた相手がなんやかんやあって主人公に惹かれてくって流れなんですけど、その「なんやかんや」の部分にちゃんと説得力がありました。
だからこっちの気持ちがすんなり入っていけます。

あ、あとそのスムーズさは声優さんの浪川さんの演技にしてやられたところもあります…序盤と終盤の声音の変化が絶妙にお上手…!!ありがとう…ございます…!!

 

岡崎さんはキャラ的に一番好みだなぁと最初に見たときから思ってて、しかも大好きな梶くんだし、もう、とてもよかった…です…。
梶くんの演技力のおかげで岡崎契という人物ができあがった感ある。ちょっとした一言からにじみ出るいろいろな情報ね…!!
優しくほんわかした感じの声音が素敵でした。でも芯は強い!みたいなのが!よく!わかるの!梶くんすごいね!?

あ、そうそう、このゲーム攻略キャラのスチル全部集めると最後にご褒美にもう一枚スチル解放されるんですけど、その岡崎さんが「そうきたか〜〜〜!!」って感じで楽しかったですw

 

峰雄は、よくも悪くも「普通」w
等身大の二人の少女漫画的ラブコメって感じでした。適度に可愛く適度にカッコイイ。適度に喧嘩し適度な触れ合いもある。
実際いたら付き合いたいタイプのキャラだけど、ゲーム的にはまぁ普通かなw

個人的には主人公といるときより柳さんとか笹塚さんとかと一緒にいてわちゃわちゃしてるときの峰雄が好きでした。元気な犬って感じ。

 

白石さんは…なんというか………はい…すきです…って感じです…
木村良平くんがわりと音程とかスピードに抑揚つけるいうか、ちょっと特徴的に話してるんですけど、それがすごい白石さんのキャラを作っててとっっっっってもよかったです。飄々としてつかみどころがない感じがよく出てる。
でも時々可愛いからね!!!!!ありがとう!!!ございます!!!!!

話もとてもよかったです…。白石さんは他のキャラたちとはちょっと違う立ち位置の人なんだけど、だからこそのストーリーで、とてもよかった…純粋におもしろかった。(しつこいかもしれないけどもうちょっと要所要所の心情描写が丁寧だともっと気持ちが入ってもっとよかったと思う…もったいない…!)

 

最後、柳さんは大人の男性って感じでカッコよかったです。余裕、包容力、頼れる!
一番年上だからこその可愛さもあり、そのへん上手〜〜〜〜〜!!
個人的にグッとくる結婚したいタイプのキャラなはずなんだけど、なんか思ったより普通に楽しんだ感じでした。エピソードがそこまでグッとこなかったからかな?
そういう意味ではちょっと拍子抜けでした。

まーでもヒーロー(王子的な立ち位置というか)だからメインストーリーにも収拾つけなきゃいけないし、そういう意味で恋愛面がちょっと描ききれないのはしょうがないかなーって感じですね。
なんかこう、もうちょっと、二人の距離が縮まるエピソードというか、そういうのが見たかったかもしれない。

 

スチルは綺麗

スチル、全体的に綺麗でした!ウィンドウ消して見たくなる感じ。
時々デッサン狂いが気になったけど、でも気になりすぎて絵に集中できないってレベルじゃないので大丈夫です!w

キャラによって枚数に多少バラつきがあります。柳さんと岡崎さんが多めで白石さんが少なめかな。
でもそれに「贔屓だ!」と思わないし満足度は変わらないので、納得の配分て感じですね。

でもそう柳さんだけ「ここをスチルにするのかー」ってのがあって、これはエピソードの問題なのかもしれませんが、もうちょっと他の場面をスチルで見たかったなって思いが残っちゃいました。なんとなくどのスチルもシチュエーションというか構図というか、してることが似てるような…っていう。

他のキャラは結構いろんなシーン、表情をスチル化してくれてて、クリア後に眺めるのも楽しいです。

 

最後にまとめとツイート晒し

全体的に楽しく夢中でプレイしました。

甘さもちょうどいいかな。理想はチューしない乙女ゲーなんだけどそれは置いといて、わりと甘いけど甘々すぎて引くほどではなく、これくらいが一般的に好かれるんじゃないかなって感じです。

ストーリーと心情描写を結構重視する私としては☆3.5かな!4に一歩届かずって気持ち。

Collar X Malice - PS Vita

Collar X Malice - PS Vita

 

余談ですが、キャラソンの書き下ろしジャケットが最高に可愛くてテンションめっちゃ上がりました。このゲームほんとデザインいいよね!!楽しい!!

では最後にプレイ中のツイートを晒して終わります。

 ↑最高にきもちわるいめっちゃ楽しんでるツイート