東京シティフィルのDQ5コンサート行ってきたよ感想

f:id:buttobimusic:20211026233532p:image

DQ5のコンサートに行ってきました〜!

いつものように帰宅後感想、今日はサクッと書きまーす!
自分の記録も兼ねてるので、良し悪しに関わらず全部本音で書いてます、よろしくね。

 

演奏は東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団さん、指揮は井田勝大さんでした。

場所はサントリーホール!席は狙って取って1階真ん中らへんにしたよえへへ。

 

そーいやさすがのDQ、客層が老若男女、年代も小さい子からご老人まで、幅広かったです。

 

 

いやぁ〜〜〜〜5いいよね5!!
DQ5初めて生で聞いたんだけど、こう、結構地味なのよね。それがいいよね。

あとやっぱサントリーホールはいいね!!!!!!!!!!!!!!!!!
サントリーホール大好き。もうどのコンサートもここで聴きたい。めっちゃいいほんと。

 

フルートのトップのお姉さんお上手で気持ちよかったな〜。
キンキンうるさい感じじゃなくて、まろやかな音色で。

あと全体的に弦楽器みんなよく鳴ってて気持ちよかった!!!!よく聞こえた!!!!!
オケ全体が鳴ってる中でファーストバイオリンが速いパッセージ弾くと大体埋もれちゃって全然聞こえないんだけど、曲でいうと洞窟とか、そういうところでもしっかり何やってるか聞こえてきてとてもよかった!

セカンドバイオリンとかビオラの内声も結構聞こえてそれもよかったなー!

ハープも常にがっつり聞こえててそれも最高だった!5ってハープいっぱい使われてんのね〜!

 

でも全体的にテンポ感がちょっと定まらない印象でそこが残念だったなー。

前半3曲はバイオリン速くて低弦遅くて、ついでにオケ全体でちょっと走りがちで。
呼吸がなくてちょっと聞いてて息がつまる感じでした。

でも4曲目の「淋しい村〜」ではぴったり合うじゃないの……………意識の問題なの???
王宮のトランペット」とか「街角のメロディ〜」とかもさらーっと弾いちゃわないでそれくらい縦線合わせてくれるともっと嬉しかったな!

そして後半の「戦火を交えて〜」では金管がメインになるとちょっと遅れない…?
でも「大魔王」ではずっとインテンポじゃない???

各楽器ごとにはまとまってる感じなんだけどなぁ………。
オケ全体で見るとあんまり縦線がしっかり揃ってる印象なくて、とはいえめちゃめちゃずれてるとかじゃないので大丈夫なんだけど、でも全体が合ってるが故の気持ち良さ、みたいなのはそんなに感じられなかったような気がする。

あんまりなんにも考えずにぼーっと聴ける、みたいな時間がもうちょっと多いともっとよかったなぁ。

 

あとテンポが合わないからなのか、ちょっとアタックにキレが無いような印象もある。

例えば「不死身の敵に挑む」のど頭のピッコロ、もっとつんざくような、一人だけ全部切り裂いて鳴らすくらいの強さがほしかったな〜!綺麗な高音って感じだった!

「哀愁物語」ももうちょっとキレのある、こう、歯切れのいいパパスって感じが好きかなぁ。

全体的にまったりしてるというか、のびやかな感じの演奏でした。

 

たぶんアタックのキレも関係してると思うんだけど、音色というか表情というか表現力というか、そういうところに幅が欲しいな〜という贅沢なことも思ってしまった…………。

DQ5っていろんな曲あっておもしろいから、曲ごとにオケの表情が変わるというか、音色が違って聞こえるともっと楽しいと思う!

「高貴なるレクイエム」でバイオリンが入るところはもっとこう、ヒャーーって感じの、悲鳴に近いような音色で聴きたかったなー。とても品のある綺麗なバイオリンたちだった。

「空飛ぶ絨毯」は空で、続く「大海原へ」は海なんだから、そこの違いも聴けるともっと楽しいよね。ヒラヒラと、ちょっと優雅で力の抜けた感じの空に対して、広くて雄大で、大きく包み込んでくれるような海、みたいな。難しいことを言ってる自覚はある。

 

でも「聖」の感じはすごい好きだった……のびやかな雰囲気がとても合ってる曲だった……。

 

そうそう「淋しい村」ってさぁ!!!!!!フルートとアルトフルートがユニゾンでメロディーやってんのね!!!!!!知らなかった!!!!!

まーーーーーーーーーそれが綺麗でしたわ!!!!!!!!!!!!!!フルートを芯にしてアルトフルートが水の膜を作ってるような!!!!!!
ニゾンの演奏が本当に素晴らしくてずっと一本の楽器を聞いているかのようなバランスでした……。

 

「愛の旋律」きもちよかったな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そう、今回生で聴いて初めて思ったんだけど、前半のメロディフルートが吹いて、その後クラが副旋律して…と思ったらフルートのあとオーボエが副旋律になるターンもあって……っていう、「フルートメインでクラ・オーボエがサブで交代する」って構図は、もしかして「フルート=主人公、クラ&オーボエビアンカ&フローラ」って構図だったりする!?!?!?!?!?!?どう!?!?!??!?!!?!?

 

「大海原へ」のあのシンバルとともに盛り上がるところグッときてうるっとした〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

アンコールの「ロトのテーマ」のイントロのホルンすごい気持ちよかったね〜〜〜〜!!!

最初に献奏でやった「おおぞらをとぶ」もそうだけど、もしかしてDQ3のが弾き慣れてたりします…?

あと全体的に曲の終わりの音の消え方がとっても気持ちよかった!!!!余韻を楽しめる終わり!!!!最高!!!!!!!!

 

 

こんなとこかなー。
お話が楽しかったなーとか他にも書けることはあるけど今回はサクッと!

とはいえやっぱコンサートはいいね。
世の中的にも段々普通にできるような雰囲気になってきてるし、また以前みたいにあっちこっち行けるようになるといいなー。